田舎で痛感、クレジットカードが使えるありがたさ

最近まで地方の田舎の市に住んでいました。車で10分の市内で一番大きなスーパーで休日に食料品をまとめ買いしていました。家族4人分の1週間分の食料ですので、カゴ山盛りどころか2つ山盛りくらいになります。ところが、私の財布はいつも残額わずかでした。地銀が幅を効かせるその地域では私がメインバンクにしていた大手都市銀行を取り扱うATMがとても少なく、なかなかお金を下ろしに行けなかったためです。その結果、買い物時に現金が足りずクレジットカードを使おうとするのですが、これまた使えるカードが限られていて、私の持っているカードは使えないのです。都会でクレジットカードがだいたいどこでも使えるのはありがたいなと、都会を離れて思うのでした。